7000系

概要

香田県藍田新都市の発展に伴い、藍田市の沿岸と山上地域を結ぶ藍田線と森尾線は通勤線にアップグレードされました。本線系統との統合のために、1996年、「香田新都市鉄道」(次年に「麥急電鉄」に変更)は路線の第二種鉄道事業者になりましたが、元の「藍田電気鉄道」はまだ線路資産を保有し、第三種鉄道事業者となる。

電圧が600Vから1500Vに上昇すると、古い電気列車の引退されました。また、予想される乗客の増加に対応、古い2両編成と比較して、新列車はより長く、わずかに広いの5両編成、ホーム延伸のスペースと車両限界の最大限の活用にします。路線に沿った急勾配(最大66.7‰、または1:15)に対応するため、全車両の全車軸に定格出力120kWのモーターが装備されており、鋳鉄ブレーキが使用されています。

日常の運用では、本形式電車と8000系と9000系が混用しています。

基本情報

  • 製造所:川崎重工業
  • 製造年:1994 – 2000年
  • 運用開始:1996年12月
  • 製造数:150両(5両編成30本)

主要諸元

  • 編成:5両固定編成(全電動車)
  • 軌間:1,435mm
  • 電気方式:直流1500V(架空電車線方式)
  • 最高運転速度:75 km/h
  • 設計最高速度:90 km/h
  • 起動加速度:4.0 km/h/s
  • 減速度:4.8 km/h/s(常用)5.5 km/h/s(非常)
  • 自重:約28 t(一車両平均)
  • 全長:16,000 mm(連結面)
  • 全幅:2,500 mm
  • 全高:3,700 mm
  • 主電動機:かご形三相誘導電動機 120 kW
  • 編成出力:2,400 kW
  • 制御方式:GTO-VVVF
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC

編成

運用

  • 藍田線系統(藍田線・森尾線・安達線・大理線)

現実に電車の参照