5000系

本線用:
青山線用:

概要

本系列は、以下の経緯で導入されました:

  1. 新支線上水南線は1992年に開業しました。砂田線と大浦線と違って、上水南線は河田まで直通列車で運行しています。また、上水市清河区は河田駅から約67km離れているため、より高速通勤電車が要されていた。
  2. 香田県藍田市(河田駅から約70km離れた)の発展に伴い、長距離通勤者のために高速通勤電車も必要でした。
  3. 新線青山線は1994年に開業しました、VVVFインバータ電車によってのみ高速運転されると予想されていました。

本系列は香田新都市鉄道(現在の麥急電鉄)130km/h運転可能する最初の系列でした。1992年ダイヤ変更に本線の急行列車の最高速度が130km/hに引き上げし、当時、国内で130km/hで走行していた唯一の通勤形電車でした。

本系列は4両・8両編成にありました、本線系統用車両は先頭車は貫通幌が設置された、同形式と6000系と連結運転可能、最長で12両編成で走行します。最高速度130km/hと起動加速度3.5km/h/sを確保するため、モーター定格出力は190kWに増加し、MT比は3:1に増加した。

元々、青山線には8両編成28本が使用されてい、本線系統には8両編成40本と4両編成30本が使用されていた。2000年には、本線線内急行を天堂寺線直通快速に置き換えて、10000系が導入され、本線系統には余剰の5000系8両編成5本(5036F ~ 5040F)が青山線に転換(4029F ~ 4033F);2012年には、青山線-本線直通列車の運転開始に伴い、8両編成10本(5026F ~ 5035F)が青山線に転換(4034F ~ 4043F)えられました。

現在、青山線には8両編成43本、本線系統には8両編成25本、4両編成30本あります。青山線用車両の番号には千桁の4が付い、車両は本線系統と色彩が異なり、先頭車貫通幌と自動連結器は装備されていません。

本系列には664両があり、麥急電鉄の諸系列の中で最も多くの車両数を誇っています。

基本情報

  • 製造所:川崎重工業・近畿車輛
  • 製造年:1990 – 1993年
  • 運用開始:1990年11月
  • 製造数:664両(8両編成68本・4両編成30本)

主要諸元

  • 編成:4両編成(3M1T相当)・8両編成(6M2T相当),連結可能
  • 軌間:1,435mm
  • 電気方式:直流1,500V(架空電車線方式)
  • 最高運転速度:130 km/h
  • 設計最高速度:130 km/h
  • 起動加速度:3.5 km/h/s
  • 減速度:4.0 km/h/s(常用)5.0 km/h/s(非常)
  • 自重:約33 t(一車両平均)
  • 全長:21,000 mm(連結面)
  • 全幅:2,940 mm
  • 全高:4,100 mm
  • 主電動機:かご形三相誘導電動機 190 kW
  • 編成出力:2,280 kW(4両)4,560 kW(8両)
  • 制御方式:GTO-VVVF
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC・ATO

編成

運用

  • 主要:麥急本線区間準急・準急・急行・快速急行(上水南線直通)(12両編成)
  • 次要:麥急本線・上水北線各駅停車(8両編成)
  • 上水南線非直通列車(8両編成)
  • 青山線全列車(8両貫通編成限定)
  • 6000系と連結運転可能(本線系統限定)

現実に電車の参照