3000系

概要

支線砂田線と大浦線はそれぞれ1987年と1989年に一部開業しました。新線に伴いて、支線専用車両3000系6両編成30本が導入されました。1000系と2000系同じ、列車はすでにそ当時でのATOとワンマン運転の対応ができていました。

列車は先頭貫通幌なしで、6両固定編成です。一方、VVVFインバータを搭載した最初の系列です。支線で最高速度がより低いので、本系列は1000系と2000系と比較してより低い性能ます、MT比は2:1にさらに低下する。

1990年代と2000年代には、砂田線と大浦線が延伸され、両線の需要が増加しました。 したがって、より多くの列車が必要でした。しかし、新い支線専用車両を導入する代わりに、本線の余剩1000系列車が採用された。したがって、当時は支線用新型電車は導入されていませんでした。

車両の高齢化になると、2016年に新い支線専用車両13000系が導入されました。本系列は新車両に置き換えられ、最終的には2018年に定期運用から廃止されました。しかし、1編成は動態保存です、休日臨時列車に運行されます。

基本情報

  • 製造所:東急車輛製造
  • 製造年:1986 – 1989年
  • 運用開始:1987年4月
  • 運用終了:2018年3月 (1編成は動態保存ます)
  • 製造数:180両(6両編成30本)

主要諸元

  • 編成:6両固定編成(4M2T)
  • 軌間:1,435mm
  • 電気方式:直流1,500V(架空電車線方式)
  • 最高運転速度:100 km/h
  • 設計最高速度:120 km/h
  • 起動加速度:3.5 km/h/s
  • 減速度:4.0 km/h/s(常用)5.0 km/h/s(非常)
  • 自重:約33 t(一車両平均)
  • 全長:21,000 mm(連結面)
  • 全幅:2,800 mm
  • 全高:4,100 mm
  • 主電動機:かご形三相誘導電動機 175 kW
  • 編成出力:2,800 kW
  • 制御方式:GTO-VVVF
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC・ATO

編成

運用(2018年3月まで)

  • 砂田線・大浦線

現実に電車の参照