30000系

非連結先頭車(特別車):
貫通形先頭車(一般車):

概要

香田県麥田半島のニュータウンの開発に伴い、麥田原線とその支線が電化・複線化・高速化されました。改良工事は1997年に完成した後、「麥田原鉄道」が「香田新都市鉄道」と合併し、「麥急電鉄」なりました。同時に、香田県藍田新都市の急速な発展と新しい香田国際空港の建設に伴い、本線は青山駅と赤田駅の間で複々線化・三複線化、高速運転可能な新しい急行線が1997年に完成した。

南新市、藍田市、麥田半島、香田新空港間を短時間で結ぶため、新設料金不要特急種別と30000系電車が登場しました。麥急本線青山駅と香田空港の間を160km/hで運転可能、当時の全国新幹線を除く最高速列車となった。

列車を160km/hで走行させるために、車両には230kW高定格出力モーターを採用した。しかし、歯車比が低いほど、加速度は3.0km/h/sに過ぎず、他の通勤電車よりも相対的に低い。ドイツの高出力モーターを搭載したGTO-VVVFインバータは信頼性が高いと考えられていたため、インバータとモーターはドイツのメーカー(シーメンス)から導入されました。しかし、日本製のインバータやモーターと比較してコストが高くなったため、後の電車形式では日本製の部品が再び使用されました。

また、160km/hで走行中の車内気圧で保持するために、本形式と50000系はプラグドアを使用しています。 ただし、メンテナンスコストが高いため、後の電車形式ではプラグドアは使用されていません。

8両編成は「A編成」と「B編成」に分かれています。通常、A編成(1 ~ 8号車)列車は麥田原行き、B編成(9 ~ 16号車)列車は浅水行きです。それらは同じ構成を有するが、方向が反対である。河田駅と小西市駅の間、AとB編成は通常に併結して16両(8 + 8両)編成になります。中央にある4両(A編成の7、8号車;B編成の9、10号車)は有料・座席指定の「特別車」です。貫通先頭車(A編成の8号車;B編成の9号車)はプラグドア式の貫通幌が設置された、同形式と31000系と連結運転可能です。また、一般車には一部クロスシートもあります。 このような構成で麥急電鉄の最初の車両形式です。

基本情報

  • 製造所:川崎重工業・近畿車両
  • 製造年:1995 – 1997年
  • 運用開始:1997年7月
  • 製造数:400両(8両編成50本)
  • 愛称:Rapido

主要諸元

  • 編成:8両編成(6M2T)片側連結可能
  • 軌間:1,435mm
  • 電気方式:直流1,500V(架空電車線方式)
  • 最高運転速度:160 km/h
  • 設計最高速度:170 km/h
  • 起動加速度:3.0 km/h/s
  • 減速度:4.0 km/h/s(常用)5.5 km/h/s(非常)
  • 自重:約35 t(一車両平均)
  • 全長:22,000 mm(非連結先頭車)21,000 mm(その他)(連結面)
  • 全幅:2,940 mm
  • 全高:4,100 mm
  • 主電動機:かご形三相誘導電動機 230 kW
  • 編成出力:5,520 kW(8両)
  • 制御方式:GTO-VVVF
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC・ATO

編成

運用

  • 特急・通勤特急・快速急行(麥田原 / 浅水行):
    • A編成:麥田原方面の運用
    • B編成:浅水方面の運用
    • 河田と小西市の間に併結運転ます
  • 特急(香田空港行)・快速特急:
    • ほとんどの列車は16両編成(8両 + 8両)です
  • 31000系と連結運転可能

現実に電車の参照