20000系

概要

香田県麥田半島のニュータウンの開発に伴い、麥田原線とその支線が電化・複線化・高速化されました。改良工事は1997年に完成した後、「麥田原鉄道」が「香田新都市鉄道」と合併し、「麥急電鉄」なりました。

麥田原線アップグレード後、最高速度は130km/hに引き上げしました。速達と普通列車が同じ線路上で混合され、緩急結合と速達列車の速度低下抑止の2点から、普通(各駅停車)列車は高い加速と減速性能を持つべきです。

具体的に言えば、後発の速達列車に追いつかれる前に、先発する普通列車が待避可能駅に到着することが求められたのである。

単線の田心線の場合、列車の表定速度を上げることができれば(最高速度、加速、減速度を上げることによって)、交換駅の位置を変更せず、列車の頻度を30分(麥田原鉄道時代)ごとから20分(本線のダイヤパターンに合わせる)ごとに短縮らすことができます。

故に、本系列は全電動車編成します。VVVFインバータ制御と定格出力は190kWのモーターと合わせて、最高速度は130km/h、起動加速度は4.5km/h/s、通常減速度は5.0km/h/sが達成される。

本系列車両は2両編成にありました、先頭車は貫通幌が設置された、同形式と21000系と連結運転可能、最長で6両編成(麥田原線)・4両編成(浅水線・田心線)で走行します。

基本情報

  • 製造所:川崎重工業・近畿車両
  • 製造年:1996 – 1997年
  • 運用開始:1997年7月
  • 製造数:90両(2両編成45本)
  • 愛称:Vivace

主要諸元

  • 編成:2両編成(全電動車)、連結可能
  • 軌間:1,435mm
  • 電気方式:直流1,500V(架空電車線方式)
  • 最高運転速度:130 km/h
  • 設計最高速度:140 km/h
  • 起動加速度:4.5 km/h/s
  • 減速度:5.0 km/h/s(常用)5.5 km/h/s(非常)
  • 自重:約36 t(一車両平均)
  • 全長:21,000 mm(連結面)
  • 全幅:2,940 mm
  • 全高:4,100 mm
  • 主電動機:かご形三相誘導電動機 190 kW
  • 編成出力:1,520 kW
  • 制御方式:GTO-VVVF
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC

編成

運用

  • 麥田原線普通列車(最長6両)
  • 浅水線普通列車(最長4両)
  • 田心線(最長4両)
  • 21000系と連結運転可能

現実に電車の参照