12000系

配色1:
配色2:
配色3:
配色4:
配色5:
配色6:
配色7:
特別配色:

概要

麥急本線の1000系と2000系の老朽化に伴い、古い通勤形電車を置き換えるために新しい車両形式が開発されました。第1編成は2015年3月に営業運転を開始し、3年間には本線の1000系と2000系すべてを徐々に置き換えました。

騷音を減らして省エネするために、列車の車体は軽量のアルミ合金のオールダブルスキン構体を利用しています。さらに、定格出力270kWの高性能永久磁石同期電動機(PMSM)を使用することで、MT比を4M4T相当に低減することができます。 つまり、車軸の半分だけが電動化されています。日本のJR 225系・323系と類似に、「0.5Mシステム」構成されています。 1台車には1台のモーターしかありませんが、1車両には2台のモーターしかありません。このように、車両の重量、より均等に分散されています。各車両の重量は約29 – 31tで、平均で約30tで、旧の1000系と比較して約20%の軽量化を達成しています。

列車は最高速度130km/hと起動加速度3.5km/h/sを達成することが可能である。 したがって、急行系速達種別で走行することが可能です。 しかし、それらは固定8両編成であり、最高速度が110km/hである各駅停車でのみ運用可能である。

これは「レインボー配色スキーム」を採用した最初の系列です。 各列車の車体と車内には7種類の色が割り当てられています。例外は第8編成(12008F)で、独特の “白と虹”の配色を採用しています。これは日本の京王電鉄1000系と類似です。
本系列は 「C-Train」(「Cトレーン」)と愛称されています。「C」は「Colorful」(カラフル)、「Commuter」(通勤列車)、「Conceptual」(概念的な)の頭文字です。

基本情報

  • 製造所:川崎重工業・近畿車両
  • 製造年:2014 – 2018年
  • 運用開始:2015年3月
  • 製造数:456両(8両編成57本)
  • 愛称:C-Train

主要諸元

  • 編成:8両固定編成(0.5M方式、4M4T相当)
  • 軌間:1,435mm
  • 電気方式:直流1,500V(架空電車線方式)
  • 最高運転速度:110 km/h(各駅停車)
  • 設計最高速度:140 km/h
  • 起動加速度:3.5 km/h/s
  • 減速度:4.0 km/h/s(常用)5.0 km/h/s(非常)
  • 自重:約30 t(一車両平均)
  • 全長:21,300 mm(先頭車)21,000 mm(その他)(連結面)
  • 全幅:2,940 mm
  • 全高:4,100 mm
  • 主電動機:永久磁石同期電動機(PMSM)270 kW
  • 編成出力:4,320 kW
  • 制御方式:Si-IGBT-VVVF
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC・ATO

編成

運用

  • 麥急本線・上水北線各駅停車に限定

現実に電車の参照