11000系

概要

藍田新都市の成熟した発展に伴い、南新市と藍田市の都市間通勤の需要が大幅に増加した。2005年には、河田と赤田の間の新しい「区間特急」列車が始、新しい11000系の列車が導入されました。

区間特急列車は、青山駅と大理駅間の急行線で160km/hの最高速度でノンストップ運転ます。 その後、列車は緩行線に転線え、赤田まで各駅停車にする。各駅停車区間では、他の通勤列車と同じ3.5km/h/sの起動加速度が必要です。160km/hの最高速度と3.5km/h/sの加速を両立にするためには、電車の出力をさらに高める必要があります。したがって、30000系と同じMT比では、モーターの定格出力は270kWに増加します。

また、列車内の空間を少し広げるために、外吊りドアを採用しました。このような配置は、他のすべての新電車系列に採用されている。

本系列は完全な通勤電車配置(全座席はロングシート、トイレなし)を採用しており、地下鉄天堂寺線に乗リ入ることが可能です。したがって、10000系の代わりに快速系種別で運用できます。160km/hの最高運転速度で、国内最速い「通勤形電車」(厳密な定義で)と最速い「地下鉄用車両」になっています。必要時、本系列電車で地下鉄直通特急を運転することができます。

本系列は 「Q-Train」(「Qトレーン」)と愛称されています。「Q」は「Quick」(迅速)の頭文字、「急(きゅう)」の類似発音です。

基本情報

  • 製造所:川崎重工業
  • 製造年:2004 – 2013年
  • 運用開始:2005年5月
  • 製造数:276両(12両編成23本)
  • 愛称:Q-Train

主要諸元

  • 編成:12両固定編成(9M3T相当)
  • 軌間:1,435mm
  • 電気方式:直流1,500V(架空電車線方式)
  • 最高運転速度:160 km/h
  • 設計最高速度:170 km/h
  • 起動加速度:3.5 km/h/s
  • 減速度:4.0 km/h/s(常用)5.5 km/h/s(非常)
  • 自重:約32 t
  • 全長:22,000 mm(先頭車)21,000 mm(中間車)(連結面)
  • 全幅:2,940 mm
  • 全高:4,100 mm
  • 主電動機:かご形三相誘導電動機 270 kW
  • 編成出力:9,720 kW
  • 制御方式:IGBT-VVVF
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC・ATO

編成

運用

  • 主要:麥急本線区間特急(河田 - 赤田)・「Z各停」(大理 - 赤田)運用
  • 次要:麥急本線区間準急・準急・急行・快速急行(上水南線直通)
  • 次要:麥急本線・天堂寺線(地下鉄直通)快速系列車、天堂寺線(地下鉄直通)各駅停車

現実に電車の参照