1000系

概要

ニュータウン開発路線「香田新都市鉄道」(現在の麥急電鉄)は1977年に一部(河田 - 上水)開業ました。新線に伴いて、初代車両1000系が導入されました。その時、地下鉄直通運転して予見されました。 したがって、列車は地下線火災対策基準「A-A基準」を満たすように設計されていた。また、列車はすでにそ当時でのATOとワンマン運転の対応ができていました。

最初は、本系列車両は4両編成にありました、先頭車は貫通幌が設置された、同形式と2000系と連結運転可能、急行運用時最長で12両編成で走行します。その時、電車は速達種別で運用されました。最高速度120km/hと起動加速度3.5km/h/sを確保するため、全車軸にモーターが装備されていました。

高速通勤電車5000系が導入に伴いて、1992年には、急行運用の最高速度は130km/hに引き上げしました。したがって、1000系と2000系は急行運用から引き出されました。一部の余剩1000系が6両編成に改造され(先頭車の貫通幌は撤去、中間車化車両の運転台は撤去)、支線砂田線・大浦線に転配されました。

更に、1997年には、各駅停車を除く本線全通勤形列車に130km/hに引き上げしました。1000系と2000系は、各駅停車運用に限定されていました。すべての各駅停車は8両編成を使用しているため、本線用の1000系て8両固定編成に改造されました。本系列全車両の最高運転速度は110km/hに格下げしました。余剩1000系も6両編成化、支線砂田線・大浦線に転配されました。2004年に、8両編成29本と6両編成28本があります。つまり、8両編成21本が6両編成28本に転換されました。

車両の老朽化とチョッパ制御が時代遅れになると、新しい12000系と13000系がそれぞれ2015年と2016年に導入されました。本系列は新車両に置き換えられ、最終的には2018年に定期運用から廃止されました。しかし、1編成は動態保存です、休日臨時列車に運行されます。

基本情報

  • 製造所:東急車輛製造
  • 製造年:1975 – 1979年
  • 運用開始:1977年7月
  • 運用終了:2018年3月 (1編成は動態保存ます)
  • 製造数:400両(4両編成100本 → 8両編成29本・ 6両編成28本)

主要諸元

  • 編成:
    • 初期:4両編成(全電動車)、連結可能
    • 後期:6両・8両固定編成(全電動車)
  • 軌間:1,435mm
  • 電気方式:直流1,500V(架空電車線方式)
  • 最高運転速度:100 km/h(6両編成)110 km/h(8両編成)120 km/h(初期)
  • 設計最高速度:120 km/h
  • 起動加速度:3.5 km/h/s
  • 減速度:4.0 km/h/s(常用)5.0 km/h/s(非常)
  • 自重:約38 t(一車両平均)
  • 全長:21,000 mm(連結面)
  • 全幅:2,800 mm
  • 全高:4,100 mm
  • 主電動機:直流直巻電動機 130 kW
  • 編成出力:3,120 kW(6両)4,160 kW(8両)
  • 制御方式:電機子チョッパ
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC・ATO

編成

運用(2018年3月まで)

  • 8両編成:麥急本線・上水北線各駅停車に限定
  • 6両編成:砂田線・大浦線

現実に電車の参照