天堂寺線

駅一覧

南新市営地下鉄

麥急電鉄

概要

天堂寺線は、南新市営地下鉄と麥急電鉄の2部分で構成されています。地下鉄天堂寺線は南新府南新市の南新空港、羽崎区、長宿区、王谷区、天堂寺区を結ぶ、麥急天堂寺線は天堂寺区、今川区、臨海区と青山県青山市を結ぶ。現在、麥急天堂寺線は、他の鉄道会社との直通運転の唯一の麥急電鉄路線です。

青山市と南新市のバイパス路線として機能し、長宿、王谷、天堂寺と臨海副都心への重要の交通手段です。天堂寺線に沿って多くの繁華街とレジャー施設があるため、路線は土曜日と休日には特に混雑です。2011年に、天堂寺駅と新天堂寺駅の間の土休日の一時間の最高混雑率は約180%です。土休日の混雑を緩和するため、「休日快速」は快速列車を補完するため、翌年に運転を開始した。結果として、平日ラッシュ時と同じく、土休日の昼間に一時間24本(または每2.5分)の列車があります。

すべての列車は全長さが約253mの12両編成です。 全国の地下鉄路線のうち、天堂寺線は最長編成列車を運行しています。地下鉄のより厳しい避難要件に対応するためには、固定貫通編成が必要です。現在、麥急10000系、11000系と南新市営地下鉄18-000形に限定の運用です。

路線データ

  • 路線距離:22.0 km(南新市営地下鉄)15.0 km(麥急電鉄)37.0 km(合計)
  • 軌間:1435 mm
  • 駅数:16駅(南新市営地下鉄)13駅(麥急電鉄)28駅(合計)
  • 電化:直流1500V
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC・ATO
  • 線路数:複線
  • 最高速度:110 km/h

運行本数

列車種別

快速・通勤快速

路線開業時の既存種別ます。天堂寺線内の快速と通勤快速は同じです。現在、南新空港駅と本線香田空港駅間の112kmのルートを走って、終日10分間隔で運行しています。

[麥急本線#快速][麥急本線#通勤快速]を参照してください。

区間快速

2004年8月に運転を開始し、本線大浦駅と新羽崎駅の間を走行のラッシュ時サービスです。10分間隔で運転します。天堂寺線では、快速列車に似ています。 しかし、区間快速は麥急田生、西長宿、「やおがわ」と河童町駅で停車する。また、南新空港駅には行かない。

[麥急本線#区間快速] を参照してください。

休日快速

土休日の混雑を緩和するため、2012年8月に「休日快速」運転を開始した。土休日昼間は長宿駅と青山駅の間を10分間隔で運行しています。まだ、朝夕の新羽崎車両基地の送り込み列車に、新羽崎駅発着です。

「休日快速」と快速列車で千鳥停車パターンを形成します。「休日快速」は中埠頭、国際展示場、トレードセンターと海浜公園駅で停車しますが、ダイヤの都合により、臨海新都心中央駅は通過し、快速列車の逆です。

各駅停車

平日ラッシュ時、南新空港駅と麥急青山駅の間を平均5分間隔に運行しています。それ以外の時間は、列車の半分が南新空港駅と臨海新都心中央駅の間に短縮されます。

ダイヤ

(拡大する)

(拡大する)

(拡大する)

列車接続案内

[/列車接続案内#天堂寺線]

配線図

(拡大する)

列車種別・停車駅の変遷

2000

(拡大する)

2002

(拡大する)

2004

(拡大する)

2012

(拡大する)

歴史

  • 1995年11月:麥急天堂寺線の建設開始。
  • 1998年9月:地下鉄天堂寺線の建設開始。
  • 2000年6月:麥急天堂寺線開業。本線快速・通勤快速は青山駅から天堂寺駅まで延長されました。
  • 2002年4月:地下鉄天堂寺線開業。本線快速・通勤快速は天堂寺駅から南新空港駅まで延長されました。麥急電鉄初の直通運転に開始です。
  • 2004年8月:区間快速が運転開始。
  • 2012年8月:休日快速が運転開始。