田心線

駅一覧

概要

田心線は麥田半島のローカル線、香田県田心市と沼津原市を結ぶ。

この路線は元々1967年に麥田半島の観光旅行を促進するために開設され、「麥田原鉄道」によって運営された。その時、田心線は単線で非電化、主に30分 ~ 1時間間隔で単行気動車が運転っています。鉄道沿いの人口が少ないため、週末や休日を除いて乗客は少く、また、天気の影響を受けやすい。1990年代初頭には、営業係数が800以上に上昇し、かつては廃線されたと考えられていました。

幸いにも、藍田新都市の成熟した開発で、「香田新都市鉄道」はニュータウンとして麥田半島を開発することに興味があった。したがって、田心線は通勤鉄道線に転換、麥田原線の支線として機能する。計画を達成するために、「香田新都市鉄道」はアップグレードのために資金を供給した。電化工事は1997年に完成した、同時に、「麥田原鉄道」が「香田新都市鉄道」と合併し、「麥急電鉄」なりました。

本路線はアップグレード後も単線のままです。しかし、高加速度(4.5km/h/s)、減速度(5.0km/h/s)の20000系列車の導入、90km/hに最高速度を引き上げにより、交換駅の位置を変更せず、列車の頻度を麥田原鉄道時代の30分ごとから20分(本線のダイヤパターンに合わせる)ごとに短縮らすことができます。

路線データ

  • 路線距離:15.3 km
  • 軌間:1435 mm
  • 駅数:8駅
  • 電化:直流1500V
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC
  • 線路数:単線
  • 最高速度:90 km/h

運行形態

各駅停車のみ、20分間隔で終日運行しています。

配線図

(拡大する)

歴史

  • 1967年:路線開業。
  • 1993年3月:電化工事が開始。
  • 1997年7月:
    • 線路改良工事完了。
    • 「麥田原鉄道」が「香田新都市鉄道」と合併、「麥急電鉄」成立。
    • 20000系電気列車が運用開始、古い気動車は運用廃止されました。