大浦線

概要

大浦線は青山県大浦市の支線である。ローカルサービスとして機能し、麥急本線や他事業者の鉄道線との接続サービスを行っています。大浦駅の本線への乗り換えをスムーズにするために、列車が右側に走っていることです。

大浦線と砂田線は、短編成の支線専用列車ありの2路線のみです。元々、6両編成の1000系と3000系が本路線で走行っています。  2015年から2018年に、新しい13000系に置き換えられました。

路線データ

  • 路線距離:13.9 km
  • 軌間:1435 mm
  • 駅数:11駅
  • 電化:直流1500V
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC・ATO
  • 線路数:複線
  • 最高速度:100 km/h

運行形態

各駅停車のみを運行です。10分サイクル:

  • 早朝・深夜:大浦-大尾1本、大浦-大元0~1本
    • 大浦-大元:每5 ~ 10分(1時間6 ~ 12本)
    • 大元-大尾:每10分(1時間6本)
  • ラッシュ時:大浦-大尾2本、大浦-大元2本
    • 大浦-大元:每2.5分(1時間24本)
    • 大元-大尾:每5分(1時間12本)
  • 平日日中:大浦-大尾2本
    • 大浦-大尾:每5分(1時間12本)
  • 土休日日中:大浦-大尾2本、大浦-大元1本
    • 大浦-大元:每2.5 ~ 5分(1時間18本)
    • 大元-大尾:每5分(1時間12本)

配線図

(拡大する)

歴史

  • 1989年6月:大浦線開業。その時、ラッシュ時に列車は5分間隔で運転っています。また、3000系のみも使用できます。
  • 1994年6月:6両編成化の1000系列車が本路線で運行開始。
  • 2015年3月:13000系が運行開始。
  • 2018年3月:1000系と3000系が定期運行終了。