麥急本線運行形態

運行本数

列車種別

AEライナー

1998年6月に運転開始し、南新市の河田駅・新川橋駅と香田国際空港を結ぶ全車有料・座席指定列車です。これは麥急電鉄が初めての「ライナー」サービスです。朝から夜までは20分間隔で運転されます。

全列車に50000系電車が使用され、それらは12両編成になっています。1両は荷物車で、余りの11両は全車指定席しています。河田駅と新川橋駅には、香田空港方向のインタウンチェックインサービスがあります。

麥急青山駅とターミナル1/2駅(香田空港)の間の最高速度は160km/hです。 また、麥急電鉄で最長、83kmのために、新川橋駅とターミナル1/2駅との間のノンストップを運転します。河田駅と香田空港駅間の87.0kmの営業距離で、標準走行時間は43分、全体の表定速度は121.4km/hで、麥急電鉄で最速です。
まだ、毎日の朝の都市方向の列車と夕から夜の空港方向の列車は、空港ライナーで藍田市主要駅(藍田駅・藍田武駅・赤田駅)の追加停車になります。藍田市から南新市への通勤者向けのホームライナーサービスとして役割し。 標準走行時間は49.5分で、ノンストップ便よりも6.5分長くなります。

通勤特急

麥田半島地区からの長距離通勤者の需要の増加に伴い、2010年8月に運転開始の種別です。標準走行時間は82 ~ 83分(麥田原行・132.0km)/79.5 ~ 80.5分(浅水行・120.5km)です。

現在、平日のみ、以下の列車便が運転われます:

  • 朝は麥田原・浅水発、河田行き20分間隔で列車9本;
  • 夕から夜は河田発、麥田原・浅水行き20分 ~ 1時間間隔で列車12本。

特急と同じで、16両(8 + 8両)編成の30000系・31000系を使用、中間の4両は有料の指定席特別車です。

藍田市では、終日運転の特急列車が停車しないため、通勤特急列車は藍田武駅でのみ停車します。また、昼間のAEライナーと同様に、青山駅を含む青山県内の全駅を通過します。列車は新川橋駅と藍田武駅間の71.3km区間のノンストップ運転し、それは乗車券で乗車可能る列車のための全国定期列車最長のノンストップ区間の一つです。

快速特急

2010年8月に通勤特急と共に導入された、藍田市の観光を促進するために、南新市の主要駅(河田駅・新川橋駅)と藍田市の主要駅(藍田駅・藍田武駅・赤田駅)を結ぶ土休日特急サービスです。  土休日には特急列車が混雑していて、藍田武駅に停車しないので、そのような列車は補助サービスを提供することができます。河田と赤田駅間(79.3km)の標準走行時間は40.5 ~ 41分です。

土休日には、快速特急列車は朝から夕方まで1時間間隔で15往復します。連休やイベントの場合は、臨時列車を追加し、サービスを20分間隔に強化することができます。また、平日の夜には、河田行の下り片道列車が3本運行し、上りの通勤特急列車の間合い運用です。

特急と同じで、16両(8 + 8両)編成の30000系・31000系を使用、中間の4両は有料の指定席特別車です。

特急

終日運行、乗車券で乗車可能る最速達の種別。1997年7月に運転開始し、160km/hの最高運転速度を最初の列車です。主な役割は、約70km離れた南新市と藍田市の間の高頻度・高速度連絡サービスを提供することです。また、麥田原半島を結ぶ。

終日に20分のサイクルでは、1列車が麥田原線への直通し、1列車が香田空港への運転し。その結果、河田駅と赤田駅の間で終日10分間隔で運行されます。標準走行時間は80 ~ 83分(麥田原行・132.0km)/80 ~ 82.5分(浅水行・120.5km)/51 ~ 51.5分(香田空港行・87.0km)です。列車は青山駅と大理駅間の51.8km区間のノンストップ運転し、その標準走行時間は21分10秒、ノンストップ区間のみの表定速度は146.8km/hで、麥急電鉄で最速です。

30000系と31000系電車が使用され、主に16両(8 + 8両)編成があります。 麥田原線直通列車の場合、小西市駅で分割と併合が行、8両編成の列車がそれぞれ麥田原へと浅水へに運行しています。さらに、中間の4両(7 – 10号車)は有料の指定席特別車です。そのため、藍田市と麥田半島では着席確保サービスを終日提供されます。

すでに快速急行列車があるため、通常の特急列車は藍田武駅を通過ばします。しかし、早朝と深夜には、藍田武駅での始発または終着の特急列車があります。

区間特急

藍田新都市の成熟した発展に伴い、南新市と藍田市の都市間通勤の需要が大幅に増加した。2005年8月には、河田と赤田の間の新しい「区間特急」列車が登場です。区間特急列車は、青山駅と大理駅間の急行線で160km/hの最高速度でノンストップで運転、その後、列車は緩行線に転線え、赤田まで各駅停車にする。標準走行時間は62 ~ 63.5分(79.3km)です。

最初は、ラッシュ時のみで20分間隔で運転されます。 2008年8月のダイヤ変更に、終日運転にアップグレードされました。 現在、ラッシュ時に10分間隔で、ラッシュ時外と土休日終日には20分間隔で運転します。

特急区間での最高速度は160km/hと各駅停車区間での加速度要求が高いため、大出力、12両固定編成の11000系電車のみは使用されます。「特急」列車と比較して、トイレ、クロスシート、「特別車」を持たない通勤形電車サービスです。

快速急行

現在、快速急行列車には2系統があり、異なる列車を使用しています。 ラッシュ時には、両方とも20分間隔で運転し、その結果、河田駅と上水駅の間に10分間隔の運行があります。

麥田原線直通系統

1997年7月に運行開始しましたが、当初はラッシュ時のみで、平日7往復がありました。 2007年8月のダイヤ変更に、終日運転にアップグレードされました。

河田駅と上水駅の間にある快速線を走り、その後、列車は急行線に転線え、赤田駅まで最高運転速度は160km/hです。ダイヤの都合により、本種別が大理駅を通過し、藍田武駅で停車です。快速急行と特急で千鳥停車パターンを形成します。本種別列車の主な役割は、麥田半島地区を藍田市、青山県の上水市、大浦市、砂田市と結びつけることです。

本系統列車は、常に赤田駅の香田空港行特急列車と接続しています。 故に、南新市と麥田半島の間する乗客のために、麥田原線直通特急を利用する以外にも、まず香田空港行特急で赤田駅に乗り、麥田原線直通快速急行列車に乗り換え。乗り待ち時間を最小限に抑えることができます。

特急列車と同じ車両を使用し、30000系と31000系電車が使用され、主に16両(8 + 8両)編成があります。 麥田原線直通列車の場合、小西市駅で分割と併合が行、8両編成の列車がそれぞれ麥田原へと浅水へに運行しています。さらに、中間の4両(7 – 10号車)は有料の指定席特別車です。

上水南線直通系統

上水南線の開業により、1992年6月に運転開始。一般通勤形電車を使用し、最高速度は130km/hです。元々は8両編成のみが使用されていました。 2000年以降、12両編成が運用開始。 乗客の増加に伴い、現在、定期列車では12両編成のみが運行されています。主に5000系と6000系を使用しますが、10000系と11000系も使用できます。

上水南線直通「快速急行」はラッシュ時のみ運行されます。ラッシュ時以外と土休日には、代わりに「急行」が運行する。

河田-赤田系統(1994 ~ 1997)

1994年10月から1997年7月まで運転していた。20分間隔で、平日朝ラッシュ時は赤田駅から河田駅まで7本、夕ラッシュ時は河田駅から赤田駅まで7本で運転する。12両編成のみが運行されています。その時、列車は大理駅で停車まった。5000系と6000系を使用した。1997年7月、それは麥田原線直通の快速急行に置き換えられました。

急行

上水南線直通系統

上水南線の開業により、1992年6月に運転開始。ラッシュ時以外や土休日(準急列車が20分間隔で走り時)は、上水南線直通「急行」列車が運行されます。急行と準急列車を組み合わせると、河田駅と大浦駅の間を10分間隔で運転、水馬山駅で停車する速達列車本数を確保することです。

元々は8両編成のみが使用されていました。 2000年以降、12両編成が運用開始。 乗客の増加に伴い、現在、定期列車では12両編成のみが運行されています。主に5000系と6000系を使用しますが、10000系と11000系も使用できます。

赤田行系統(1977 ~ 1998)

本線最初の開業で1977年に運転を開始、本線最初の速達サービスです。12両編成運転は1982年5月に開始まった、それは本線で最初かった。元々、最高速度は120km/hで、1000系と2000系電車が使用されていました。 1992年6月以来、最高速度は130km/hに上げられ、5000系と6000系電車が限定使用された。

元々栃原川駅を通過して水馬山駅に停車した。 1992年に栃原川駅で停車し水馬山駅を通過するように変更されました。その結果、本列車と準急・上水南線直通急行列車の千鳥停車パターンが形成された。しかし、「急行」種別の停車パターンが2つあったため、一部の乗客は混乱した。 また、1992年から列車が深井駅停車し開始めました。

1997年7月、特急列車の運転開始に伴い、河田駅と青山駅の間の当時の快速線線路容量制限のために、本列車が青山駅に短縮され、当駅で特急列車との接続を設定しました。

1998年6月、本列車に「快速」と「通勤快速」に変更され、香田空港まで延長されました。

快速

1998年6月に運転を開始、当初は青山駅と香田空港駅の間を終日10分間隔で運行していました(青山方面の通勤快速運転の時間を除く)。2000年6月の麥急天堂寺線の開通により、天堂寺駅まで延長されました。 現在、南新空港駅(地下鉄天堂寺線)と香田空港駅間の112kmのルートを走っています。また、早朝には河田から香田空港まで2本、深夜には香田空港から河田まで列車2本があります。

地下鉄のより厳しい避難要件に対応するためには、12両固定編成が必要です、麥急10000系、11000系と南新市営地下鉄18-000形に限定の運用です。

本列車は、旧赤田行急行列車を継承しています。故に、栃原川駅で停車し、水馬山駅を通過する。 しかし、藍田駅と赤田駅の間では、各駅停車するのではなく、藍田武駅でのみ停車します。

本列車の主な役割は、青山駅と香田空港駅間の中距離サービス、そのため、多駅で各駅停車列車に緩急接続します。 また、本線から天堂寺線の直通乗客にもサービスを提供しています。さらに、青山駅と赤田駅の両方で、特急列車に接続ぎます。

通勤快速

平日の朝に、南新市方面の快速が通勤快速に変更されています。 赤田駅から藍田駅までの各駅停車し、1998年以前の急行列車とまったく同じです。朝ラッシュ時に赤田と藍田間の駅で停車列車本数を増やすことです。現在、麥急電鉄唯一の片方向運転列車種別です。

特別快速

2010年8月に運転開始です。香田空港の早朝出発便と深夜到着便の航空機利用者のために、東青山駅から香田空港行の初電と香田空港から東青山駅までの終電は「特別快速」として運行されています。一般の快速列車と比較して、赤田駅、藍田武駅、大理駅、深井駅を通過ばし、上水駅と赤田駅の間を急行線で走行しています。このように、所要時間が10分短縮されます。また、本列車は最高速度130km/hだけの急行線で走行て唯一の列車です。

現在、毎日一往復があります:

  • 東青山 5:05発 ⇒ 香田空港5:58着
  • 香田空港 0:35発 ⇒ 東青山1:26着

区間快速

2004年8月に運転を開始し、朝に大浦駅と新羽崎駅(地下鉄天堂寺線)、夕に砂田駅と新羽崎駅の間を走行のラッシュ時サービスです。10分間隔で運転します。大浦駅・砂田駅と青山駅の間は、各駅に停車し、各停列車を補完します。

快速列車と同じように、地下鉄のより厳しい避難要件に対応するためには、12両固定編成が必要です、麥急10000系、11000系と南新市営地下鉄18-000形に限定の運用です。

準急

1984年7月に運転を開始し、河田駅と大浦駅の間で速達運転、その後、列車は緩行線に転線え、文錦地駅(上水北線)まで各駅停車になる。主な役割は、大浦から新太平の間の駅から南新市までの通勤サービスです。 また、大浦駅と文錦地駅の間のローカルサービスに機能します。ラッシュ時には10分間隔で運転、ラッシュ時以外と土休日は20分間隔で運転します。

元々、最高速度は120km/hで、1000系と2000系電車が使用されていました。 1997年7月以来、最高速度は130km/hに上げられ、古い電車形式は速達運用から撤退されました。さらに、元々は8両編成のみが使用されていました。 2000年以降、12両編成が運用開始。 乗客の増加に伴い、現在、定期列車では12両編成のみが運行されています。主に5000系と6000系を使用しますが、10000系と11000系も使用できます。

区間準急

「区間急行」は1979年1月に運転開始され、1984年7月に「区間準急」に名称変更されました。河田駅と砂田駅の間で速達運転、その後、列車は緩行線に転線え、大浦駅または文錦地駅(上水北線)まで各駅停車になる。主な役割は、砂田から西大浦公園の間の駅から南新市までの通勤サービスです。 また、砂田駅と大浦駅または文錦地駅の間のローカルサービスに機能します。

10分間隔で終日運行されます。ラッシュ時には、すべての列車は河田駅と大浦駅の間を運行ます。ラッシュ時以外と土休日は、大浦駅と文錦地駅の間に緩行線列車の本数を確保するために、列車の半分が文錦地駅に延長されています。

元々、最高速度は120km/hで、1000系と2000系電車が使用されていました。 1997年7月以来、最高速度は130km/hに上げられ、古い電車形式は速達運用から撤退されました。さらに、元々は8両編成のみが使用されていました。 2000年以降、12両編成が運用開始。 乗客の増加に伴い、現在、定期列車では12両編成のみが運行されています。主に5000系と6000系を使用しますが、10000系と11000系も使用できます。

通勤急行・通勤準急(青山線直通)

2012年、河田駅と青山駅間の速達線の閉塞区間改良工事完了、表定通過列車間隔を90秒から75秒に短縮可能、線路容量が増加する。河田駅と青山駅の間の列車の混雑緩和、青山駅の負荷を軽減するために、青山線直通の通勤急行と通勤準急列車は2012年8月に運転開始しました。現在、平日は朝ラッシュ時に青山線から本線に通勤急行9本と通勤準急7本があり、夕ラッシュ時に本線から青山線に通勤急行15本と通勤準急7本があります。青山線用の5000系電車のみが使用された。

各駅停車

河田-赤田 / 砂田系統(A各停)

現時、河田駅と砂田駅の間は5分間隔、砂田駅と赤田駅は10分間隔で終日運行しています。主な役割は、短距離乗客ために、そして速達列車との接続です。全列車は8両編成されています。 主に1000系と2000系で運行されていました。 2015年から2018年に、新しい12000系に置き換えられました。また、5000系と6000系も使用できます。

河田-光祐寺 / 青山系統(B各停)

平日のラッシュ時に、河田駅と青山駅の間は5分間隔、青山駅と光祐寺駅は10分間隔で運行しています。終日運転の「A各停」系統と組み合わせると、河田駅と青山駅間の各駅停車列車は2.5分間隔です。全列車は8両編成されています。 主に1000系と2000系で運行されていました。 2015年から2018年に、新しい12000系に置き換えられました。また、5000系と6000系も使用できます。

大理-赤田系統(Z各停)

ラッシュ時以外と土休日に、区間特急列車は20分間隔で運行しています。 その間、「Z各停」列車は、大理駅と赤田駅の間を20分間隔で運行しています。「A各停」も考慮すると、藍田市内の本線各駅停車列車は、早朝から深夜まで平均して5分間隔で維持することができます。

区間特急の間合い運用です。これは実際には区間特急列車の短縮版であり、12両固定編成の11000系のみは使用されます。

その他

速達運用では、各駅停車区間のみをカバーする車両基地送り込み列車も「各駅停車」と表示されます。早朝、深夜、ラッシュ時前後に運転られます。現在、それらの全は12両編成です。

  1. 光祐寺 ↔ 文錦地(区間準急・準急運用)
  2. 麥急赤田 ↔ 香田空港(快速運用)
  3. 東青山・広原町 → 大浦(区間快速運用)