麥急本線

駅一覧

概要

麥急電鉄の基幹路線は、南新府南新市河田区、青山県青山市、砂田市、大浦市、上水市、香田県藍田市、香田国際空港を結ぶ。

1960年代、南新市で人口が急速に増加し、生活環境の過密化が起こり、生活の質が低下しました。このため、近隣の青山県と香田県は、土地取得コストが非常に低い沿岸地帯を利用して、埋立地で新しいベッドタウンを開発することにした。南新市、青山県、香田県を結ぶ通勤線を建設するために第三セクター「香田新都市鉄道」が設立されました。

将来的に大量の利用者を予測すると、最初は長大複々線区間(青山から上水まで約45km)が建設されていました。さらに、青山と赤田の間の別の複線を収容するための空間が確保されていました。したがって、緩急分離で、高速運転をより効率的に行うことができます。1977年の路線開業時に、速達通勤列車は既に120km/h運転です。その後、 新型電車の導入により、最高速度に130km/hに引き上げされた。

1990年代には、香田県藍田市にニュータウンから完全機能都市へと進化を遂げました。近くに、新国際空港は、南新市の在來空港からの航空交通量を軽減するために建設されました。南新市と藍田市の都市間交通量の増加に対応するために、青山と赤田の間に保留空間を使用して160km/h高速運転可能の急行線を建設し、1997年に利用開始。それ以来、青山と上水の間には約33kmの三複線区間、河田と赤田の間には約79kmの長大複線以上区間が存在していました。

現在、全国で最も繁忙しい鉄道路線の一つです。 ラッシュ時に、一方向に一時間で66本の列車で砂田と青山の三複線区間、および青山と河田の複々線区間を走行します。

路線データ

  • 路線距離:87.0 km
  • 軌間:1435 mm
  • 駅数:62駅(起終点駅含む)
  • 電化:直流1500V
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC・ATO
  • 線路数:
    • 三複線:青山-上水、大理学園前-藍川橋
    • 複々線:河田-青山、上水-大理学園前、藍川橋-赤田
    • 複線:赤田-香田空港
  • 最高速度:
    • 160 km/h(ライナー、特急系、麥田原線直通快速急行列車)
    • 130 km/h(その他の速達列車)
    • 110 km/h(各駅停車列車)

運行形態

[/麥急本線運行形態]

ダイヤ

[/麥急本線ダイヤ]

配線図

[/麥急本線配線図]

列車接続案内

[/列車接続案内#本線]

列車種別・停車駅の変遷

[/麥急本線列車種別・停車駅の変遷]

歴史

  • 1972年7月:「香田新都市鉄道」成立。本路線の建設は同年12月に始です。
  • 1977年7月:「香田新都市鉄道」(現在の麥急電鉄)本線、河田駅-上水駅開業。
    • その時、全線はすでに複々線化になっています。
    • 当時、各駅停車、急行の2種別がありました。
    • 急行列車の最高速度は120km/hでした。
  • 1979年1月:区間急行が運転開始。区間急行列車は河田駅と砂田駅の間の急行運転、砂田駅の後に各駅停車です。
  • 1982年5月:上水駅-赤田駅開業。
    • その時、その区間には複線しかありません。
    • 急行は赤田駅に延伸されました、12両編成の運転開始。
  • 1984年7月:準急が運転開始、区間急行は区間準急に変更。
  • 1985年8月:上水北線開業。準急と区間準急は上水北線直通、文錦地駅に延伸されました。
  • 1992年6月:
    • 上水南線開業。上水南線直通急行・快速急行(新設種別)が運転開始。
    • 赤田行急行は深井駅と栃原川駅を停車、水馬山駅を通過に変更。
    • 大浦駅と赤田駅間の急行・快速急行列車で130km/hの運転が開始。当時、国内で130km/hで走行していた唯一の通勤列車でした。
  • 1993年1月:青山と赤田の間の高速列車用急行線の建設が開始。
  • 1994年10月:河田駅と赤田駅間のラッシュ時快速急行が開始。
    • その時、快速急行列車は大理駅で停車ます。
  • 1997年7月:
    • 「香田新都市鉄道」が「麥田原鉄道」と合併、「麥急電鉄」成立。麥田原線・浅水線への直通運転開始。
    • 青山と赤田の間の新設急行線が利用開始。
    • 最初のホームドアは新設ホームに設置されました。
    • 特急が運転開始、160km/hの最高速度で、当時の全国新幹線を除く最高速列車となった。
    • 河田駅と赤田駅間の快速急行は麥田原・浅水に延伸、特急の補助サービスとなった。それは大理駅を通過に変更。
    • 「特別車」は、特急列車と麥田原線直通快速急行で始まりました。麥急最初の座席指定・有料サービスです。
    • 河田駅と青山駅の間の当時の快速線線路容量制限のために、一部の急行列車が青山駅に短縮。
    • 快速線全線の最高速度は130km/hに引き上げ。 区間準急と準急は130km/h運転を開始。
    • 駅名変更:
      • 河田駅 → 麥急河田駅;
      • 新大手駅 → 麥急大手駅;
      • 新八喜駅 → 麥急八喜駅;
      • 新西湾駅 → 麥急西湾駅;
      • 新田生駅 → 麥急田生駅;
      • 青山駅 → 麥急青山駅;
      • 新春宮駅 → 麥急春宮駅;
      • 新砂田駅 → 麥急砂田駅;
      • 新上水駅 → 麥急上水駅;
      • 深井駅 → 麥急深井駅;
      • 新藍田駅 → 麥急藍田駅;
      • 赤田駅 → 麥急赤田駅。
  • 1998年6月:
    • 香田国際空港の開港により、赤田駅-香田空港駅開業。
    • 空港連絡列車AEライナーが運転開始、麥急最初の全車座席指定・有料列車です。
    • また、河田駅と赤田駅間の急行は香田空港駅に延伸、快速・通勤快速(新設種別)に変更。
  • 2000年6月:麥急天堂寺線開業。快速・通勤快速は青山駅から天堂寺駅まで延長されました。2年後に南新市営地下鉄天堂寺線への直通運転が開始された。
  • 2000年10月:区間準急・準急・上水南線直通急行・快速急行に12両編成の運転開始。
  • 2003年12月:通過列車するすべてののりばにはホームドアが設置されていました。
  • 2004年8月:天堂寺線直通の区間快速が運転開始。
  • 2005年8月:区間特急がラッシュ時運転開始。
  • 2006年10月:本線の全のりばにホームドアが装備されています。
  • 2007年8月:麥田原線直通快速急行に終日運転開始。
  • 2008年8月:区間特急に終日運転開始。
  • 2010年8月:
    • 通勤特急・快速特急が運転開始。
    • 特別快速が運転開始。
  • 2012年3月:河田駅と青山駅間の速達線の閉塞区間改良工事完了、線路容量が増加する。
  • 2012年8月:青山線直通の通勤急行と通勤準急に運転開始。