上水北線

駅一覧

概要

上水北線は青山県上水市の支線、上水駅から文錦区と他事業者の鉄道線を結ぶ短絡線です。本線直通列車がありますが、全列車は線内各駅停車します。本路線の一つ特色は、列車が右側に走っていることです。これは、本路線に全駅が島式ホームを使用しているためです。左側ドアが開いている場合は、左側に座っている運転士にとって便利です。 停車時間を短縮することができた。この設計は後に砂田線と大浦線に採用されました。

当初の計画では、上水駅を経由して上水市の北部と南部を結ぶ単一路線である。しかし、両方から本線直通サービスを提供するために、上水線を上水北線と上水南線の両部分つに分割した。

路線データ

  • 路線距離:5.5 km
  • 軌間:1435 mm
  • 駅数:5駅
  • 電化:直流1500V
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC・ATO
  • 線路数:複線
  • 最高速度:100 km/h

運行本数

  • 平日ラッシュ時:每5分
  • その他の時間:每10分

列車種別

準急・区間準急

本線直通種別,終日10分間隔に運行ます。[麥急本線#準急][麥急本線#区間準急] を参照してください。

各駅停車

上水と文錦地駅の間のラッシュ間に10分間隔に運行ます。本線の各駅停車列車と同じ8両編成ですが、 主に1000系と2000系で運行されていました。 2015年から2018年に、新しい12000系に置き換えられました。また、5000系と6000系も使用できます。

配線図

(拡大する)

歴史

  • 1985年8月:上水北線開業。本線の準急と区間準急は上水北線直通、文錦地駅に延伸されました。その時、列車は終日して10分間隔で運転っています。
  • 1994年6月:平日ラッシュ時の線内各駅停車列車が運転開始。ラッシュ時の列車間隔は5分に短縮されます。
  • 1997年7月:駅名変更:新上水駅 → 麥急上水駅。