浅水線

駅一覧

概要

浅水線は、麥田半島の西と東海岸を結んでおり、その間の山谷部を通過し、半島の小西市、熊野田市、赤柱市、浅水市を結ぶ。 全線は香田県にあります。

この路線は元々1965 ~ 1968年に麥田半島の観光旅行を促進するために開設され、「麥田原鉄道」によって運営された。その時、浅水線は単線で非電化、主に30分 ~ 1時間間隔で1 ~ 2両編成の気動車が運転っています。鉄道沿いの人口が少ないため、週末や休日を除いて乗客は少く、また、天気の影響を受けやすい。1990年代初頭には、営業係数が500以上に上昇し、かつては廃線されたと考えられていました。

幸いにも、藍田新都市の成熟した開発で、「香田新都市鉄道」はニュータウンとして麥田半島を開発することに興味があった。したがって、浅水線は通勤鉄道線に転換、麥田原線の支線として機能する。計画を達成するために、「香田新都市鉄道」はアップグレードのために資金を供給した。電化・複線化・高速化工事は1997年に完成した、同時に、「麥田原鉄道」が「香田新都市鉄道」と合併し、「麥急電鉄」なりました。

麥田半島の人口増加と乗車時間の短縮により、乗客は急増した。長距離通勤サービスを重視し、 現在では、麥田原・本線直通の特急列車て終日平均20分間隔で、浅水駅と本線の河田駅の間を約120km走行しています。快速急行、普通とライナー列車を含む、ラッシュ時では1時間最多12本の電車があり、日中には1時間9本があります。郊区での高頻度運転が達成されている。

路線の特点

本路線には待避可能駅かありません。さらに、本路線に沿って多くのカーブと急勾配があり、最高速度を110km/hに制限しています。故に、本路線の特急表定速度はかなり遅くなります。

小西市駅では、麥田原線に接続しています。ほとんどの長距離列車は小西市駅で分割併合され、麥田原・浅水の両方に向かいます。さらに、小西市駅の分岐側には、麥田原への出発列車が浅水からの到着列車の道を妨げる平面交差があります。小西市駅には麥急鉄道網全体に大きなダイヤのボトルネックとなる。

路線データ

  • 路線距離:25.7 km
  • 軌間:1435 mm
  • 駅数:10駅
  • 電化:直流1500V
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC
  • 線路数:複線
  • 最高速度:110 km/h

運行本数

列車種別

通勤特急

麥田原線・本線直通種別。現在、平日のみ、朝は浅水発、河田行き20分間隔で列車9本、夕から夜は河田発、浅水行き20分 ~ 1時間間隔で列車12本があります。浅水線では、列車が通勤乗客少ない浅水ビーチ駅を除く全駅で停車します。

[麥急本線#通勤特急] を参照してください。

特急

麥田原線・本線直通種別。浅水線では、20分間隔で終日運転し、小西市、熊野田市、赤柱、浅水市場前、浅水ビーチと浅水の6駅で停車します。

[麥急本線#特急] を参照してください。

快速急行

本線直通種別。浅水線では各駅停車し、20分間隔で終日運転、普通列車の補完として機能します。

[麥急本線#快速急行(麥田原線直通系統)] を参照してください。

普通

線内運行の各駅停車種別。一般的に、高加減速度の20000系電車が使用です(21000系が使用不可)。主に、列車は4両編成で運行、早朝・深夜は2両編成で運行されます。ほとんどの普通列車は小西市駅のより特急列車に接続します。

快速急行列車と合わせて、小西市と赤柱駅の間で約10分間隔の各駅停車サービスがあります。通常、普通列車が小西市と赤柱駅の間を運転。通学を容易にするために、平日約午前7時から8時まで、午後4時から6時まで浅水駅に延長きます。

また、快速急行運用では、浅水線区間のみをカバーする車両基地送り込み列車も「普通」と表示されます。早朝、深夜、ラッシュ時前後に運転られます。その列車では指定席特別車があります。

ダイヤ

(拡大する)

(拡大する)

配線図

(拡大する)

列車種別・停車駅の変遷

1997

(拡大する)

2010

(拡大する)

歴史

  • 1965年:小西市駅-赤柱駅開業。
  • 1968年:赤柱駅-浅水駅開業。
  • 1993年3月:電化・複線化・高速化工事が開始。
  • 1997年7月:
    • 線路改良工事完了、浅水線内110km/h運転開始。
    • 「麥田原鉄道」が「香田新都市鉄道」と合併、「麥急電鉄」成立。麥急本線への直通運転開始。
    • 浅水ビーチ駅開業。
    • 駅名変更:赤柱駅 → 麥急赤柱駅。
    • 特急と快速急行が運転開始。その時、快速急行はラッシュのみ運転です。
    • 20000、30000系電気列車が運用開始、古い気動車は運用廃止されました。
  • 2007年8月:快速急行に終日運転開始。
  • 2010年8月:通勤特急に運転開始。