青山線

駅一覧

概要

青山線は、青山県青山市、新田市、福田市、田園市と千鳥市を結ぶ。本路線は南新都市圈の外環状線として機能し、青山県内のニュータウンとのつながりがよくなっています。「青山高速鉄道」は第三種鉄道事業者であり、「香田新都市鉄道」(現麥急電鉄)は第二種鉄道事業者です。

元々、類似の路線が国鉄によって計画されていた。 しかし、重い負債と既有の鉄道サービスの改善の必要性のために、国鉄は新線の計画を放棄した。そこで、青山県の第三セクター「青山高速鉄道」が引き継いで青山新線を建設した。既存の鉄道事業者とサービスを統合して運用コストを削減するため、新線の運営権を「香田新都市鉄道」(現麥急電鉄)に与えました。

最後に、新線は1994年に開業しました。良好な線形と高性能通勤電車で、快速列車は130km/hで運転することが可能である。2012年には、本線麥急河田駅と麥急青山駅間の速達線の閉塞区間改良工事完了、線路容量が増え、本線直通サービスが開始されました。

青山線では5000系列車しか運行していませんでした。青山線で列車の需要が増加した場合でも、新型電車を直接導入するのではなく、本線の5000系電車が転換導入されました。その理由は、「青山高速鉄道」は田園車両基地を保有しているため、田園車両基地の保守職員は契約により、他の会社に委託する。しかし、作業量が増えるので、労働組合は田園車両基地に複数系列の車両を持を拒否した。

路線データ

  • 路線距離:36.0 km
  • 軌間:1435 mm
  • 駅数:21駅
  • 電化:直流1500V
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC・ATO
  • 線路数:複線
  • 最高速度:130 km/h

運行本数

列車種別

快速

路線開業時の既有種別、終日20分間隔で運行しています。青山新町、麥急青山、麥急新田、麥急福田、田園中央、緑葉台と千鳥谷駅で停車します。

区間快速

2003年5月に運転を開始し、平日ラッシュ時サービスです。午前、青山新町から千鳥谷駅に向かって列車が走っています。 夕方、列車は反対方向に走る。列車の間隔は20分です。快速列車と比較して、3駅(青山市役所前、上青山と永泉駅)の追加停車がます。

通勤急行

2012年3月に運転を開始し、平日ラッシュ時の本線直通サービスです。現時ダイヤ、午前、千鳥谷から麥急河田駅(本線)に向かって列車9本が走っています。 夕方、列車15本は反対方向に走る。列車の間隔は20分です。青山市役所前駅した後、列車は本線を結ぶ短絡線に入り、麥急青山駅をバイパスします。

快速列車で千鳥停車パターンで形成されます。 茂林駅と神山駅の間では快速列車が停車する3駅(麥急新田、麥急福田と田園中央駅)を除くすべての駅で通勤急行が停車します。このパターンは、元の非直通の急行列車から継承されます。

通勤急行は区間快速と同じ列車運用です。午前列車運用に以下のルーティングが採用されています:

  1. 通勤急行:千鳥谷駅 ⇒ 青山短絡線経由 ⇒ 麥急河田駅
  2. 回送:麥急河田駅 ⇒ 青山車両基地 ⇒ 青山新町駅
  3. 区間快速:青山新町駅 ⇒ 千鳥谷駅

午後列車運用は逆です。

通勤準急

2012年3月に運転を開始し、平日ラッシュ時の本線直通サービスです。午前、田園中央から麥急河田駅(本線)に向かって列車7本が走っています。 夕方、列車7本は反対方向に走る。列車の間隔は20分です。青山市役所前駅した後、列車は本線を結ぶ短絡線に入り、麥急青山駅をバイパスします。

青山市役所前と岩部駅の間の全駅で停車、また、麥急新田、麥急福田と田園中央駅で停車します。 このように、通勤急行と通勤準急の停車パターンは反対で、青山線で共同停車駅はありません。

各駅停車

20分ごとに、千鳥谷行の全区間列車2本、田園中央行の短区間列車1本と麥急新田行の短区間列車1本があります。

急行(廃止)

2003年5月に運転を開始し、平日ラッシュ時サービスです。午前、千鳥谷から青山新町駅に向かって列車が走っています。 夕方、列車は反対方向に走る。列車の間隔は20分です。茂林と千鳥谷駅の停車パターンは、現在の通勤急行と同じです。

2012年3月、本線直通サービスを開始しました。 急行列車の行先は本線の河田駅に変更、通勤急行と改称された。

ダイヤ

(拡大する)

(拡大する)

(拡大する)

列車接続案内

[/列車接続案内#青山線]

配線図

(拡大する)

列車種別・停車駅の変遷

1994

(拡大する)

2003

(拡大する)

2012

(拡大する)

歴史

  • 1989年9月:「青山高速鉄道」成立。本路線の建設は翌年2月に始です。
  • 1994年12月:青山線開業。当時、各駅停車と快速列車のみが運行されていました。
  • 1997年7月:駅名変更:
    • 青山駅 → 麥急青山駅;
    • 福田駅 → 麥急福田駅;
    • 新田駅 → 麥急新田駅。
  • 2003年5月:ラッシュ時の区間快速と急行が運転開始。
  • 2012年3月:本線直通の通勤急行と通勤準急に運転開始、急行種別廃止。