大理線・安達線

駅一覧

大理線

安達線

概要

大理線は香田県藍田市山下の大理区と山上の北区を結ぶ;安達線は北区の藍北中央と同区の安達を繋ぐ。

安達は半山地帯にあり風光明媚で、藍田市や海を一望できます。また、比較的平坦な地形のため、高級マンションの開発に非常に適しています。通勤者の需要に応えるために、藍北中央から安達まで短い支線が建設、安達線は2004年に開業しました。麥急電鉄は路線の第二種鉄道事業者になりましたが、藍田電気鉄道はまだ線路資産を保有し、第三種鉄道事業者となる。

山上の人口の増加に伴い、藍田線は麥急藍田駅と藍北中央駅の間で非常に混雑しています。混雑を緩和するために、大理駅から藍北中央駅へのバイパス線が建設され、大理線は2016年に開業しました。

大理線と安達線は一体化と見できます。快速列車(および通勤快速列車)は、大理と安達の間を終日運転します。 このように、安達からの乗客は麥急藍田駅の代わりに大理駅で本線の列車に乗り換えする傾向があるでしょう。大理線と藍田線を考慮すると、最も繁忙している1時間に、60本の列車が藍北中央駅から下りを運転します。つまり、下山列車は平均1分間隔で運行しています。

藍田線と同じ、7000系、8000系と9000系の列車があり、同じ性能を持っ、それらの共通運用です。

路線データ

  • 路線距離:13.4 km(大理線)5.2 km(安達線)
  • 軌間:1435 mm
  • 駅数:8駅(大理線)6駅(安達線)
  • 電化:直流1500V
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC
  • 線路数:複線
  • 最高速度:
    • 65 km/h(下記以外の区間)
    • 55 km/h(急勾配下り坂区間)
  • 最大勾配:60 ‰
  • 最小曲線半径:50 m

運行本数

[/藍田線系統運行形態]

ダイヤ

[/藍田線系統ダイヤ]

列車接続案内

[/列車接続案内#藍田線・大理線・安達線]

配線図

[/藍田線系統配線図]

列車種別

快速

基本的な速達列車種別。大理と藍北中央駅の間の緑ヶ丘駅と藍ヶ丘駅でのみ停車しました。他の区間では、各駅停車します。現在、快速列車は大理と安達駅の間を10分間隔で終日運転ます。でも、平日ラッシュ時は、快速は通勤快速に置き換えられます。

通勤快速

平日ラッシュ時は、藍北中央駅で到着時間と出発時間を調整するには、快速は通勤快速に置き換えられます。10分ごとに、大理から安達行き1本、康雅行き1本があります。その結果、大理と藍北中央駅の間に5分間隔のサービスがあります。通勤快速列車は、大理と藍北中央駅の間をノンストップ運行しています。

普通

基本的には、普通列車は大理と藍北中央駅の間を10分間隔で終日運転ます。平日ラッシュ時は、大理と広田駅の間の追加普通列車を10分間隔で運転ます。さらに、早朝は、上りの快速列車が運行していないときは、大理から安達の普通列車があります。深夜は、その逆です。

歴史

  • 2004年:安達線開業
  • 2016年:大理線開業