藍田線・森尾線

駅一覧

藍田線

森尾線

概要

藍田線は香田県藍田市山下の武区、緑地区、中央区、元区、長田区と山上の北区(協和、藍北中央、徳田、広田、興田、康雅と五木山)を結ぶ;森尾線は北区の康雅と同県の森尾市を繋ぐ。

これらの路線は以前は「藍田電気鉄道」によって運営されていました。1956年から1964年に開業したこの鉄道は、藍田と森尾の国鉄2路線をその間の丘陵地を介して結ぶことを目的としています。また、五木山は観光を促進するために鉄道で結ばれていました。当時、電鉄藍田駅(現在の藍田国鉄前駅)と北藍田駅(現在の藍北中央駅)の間は複線で、北藍田と森尾/五木山の間は単線でした。鉄道沿いの人口が少ないため、主に15 ~ 30分間隔で2両編成の小型電気列車が運転っています。財政状況が悪く、1990年代初頭には、営業係数が300以上に上昇します。

山下の藍田新都市の成熟した開発で、「香田新都市鉄道」はニュータウンとして藍田山上地区を開発することに興味があった。したがって、藍田線と森尾線は通勤線にアップグレードされました。計画を達成するために、「香田新都市鉄道」はアップグレードのために資金を供給した。一部複線化・ホーム延長・昇圧工事は1996年に完成した。加えて、藍田線山下端も麥急藍田駅(2003年は藍田武駅)まで延長されました。1996年、「香田新都市鉄道」(次年に「麥急電鉄」に変更)は路線の第二種鉄道事業者になりましたが、元の「藍田電気鉄道」はまだ線路資産を保有し、第三種鉄道事業者となる。

山上地区での人口の増加に伴い、乗客は急激に増加しました。2015年には、1995年と比較すると、乗客数は50倍に増えました。朝のラッシュ時に、1時間あたり最多36本5両編成列車が下りを走行、だが混雑率は190%に達した。2016年開業のバイパス線である大理線によって混雑が緩和されました。

路線の特点

この路線は山地を走り、最大66.7‰までの急勾配と半径40mまでのを急曲線を持っています。厳しい線形に対応するために、全車両の全車軸に定格出力120kWのモーターが装備されており、鋳鉄ブレーキが使用されています、4.0km/h/sの加速度と4.8km/h/sの常用減速度が達成できた。しかしながら、制動距離要件のために、急勾配区間での下り坂の走行速度は55 km/hに制限され、上り坂での65 km/hよりかなり遅い。だから、上り方向に比べて下り方向が走行時間が長くなります。藍田線系統には速達列車はありが、表定速度は本線系統の列車よりもかなり遅いです。

藍北中央駅が藍田線系統のボトルネックになります。当駅の北側には、安達への出発列車が広田からの到着列車の道を妨げる平面交差があります。さらに、ラッシュ時、1 ~ 4番のりばが完全に利用され、一時間24本の列車が各のりばで停車します。そのため、藍北中央駅と大理分岐点との間に、普通列車の通行を待つための信号場が設けられています。例えば、康雅から藍田武への普通列車と康雅から藍田武への快速列車が藍北中央駅に同時到着、同時に発車します。普通は藍北中央駅のりばではなく信号場で通行を待ちます。このようにして、次に到着する列車が妨げられることはありません。さらに、5番のりばは、車両基地と藍田線の下り方向を直接接続しているため、朝ラッシュ時に下り列車が増発するのが容易になります。

7000系、8000系と9000系の列車があり、同じ性能を持っ、それらの共通運用です。

路線データ

  • 路線距離:28.5 km(藍田線)9.5 km(森尾線)
  • 軌間:1435 mm
  • 駅数:22駅(藍田線)7駅(森尾線)
  • 電化:直流1500V
  • 保安装置:ATS・CS-ATC・TASC
  • 線路数:
    • 複線:藍田武 - 康雅(藍田線)
    • 単線:康雅 - 五木山(藍田線)、森尾線全線
  • 最高速度:
    • 75 km/h(平坦区間)
    • 65 km/h(山上区間)
    • 55 km/h(急勾配下り坂区間)
  • 最大勾配:66.7 ‰
  • 最小曲線半径:40 m

運行本数

[/藍田線系統運行形態]

ダイヤ

[/藍田線系統ダイヤ]

列車接続案内

[/列車接続案内#藍田線・大理線・安達線]

配線図

[/藍田線系統配線図]

列車種別

快速

基本的な速達列車種別。1996年12月にサービスを開始、それは新藍田駅(現在の麥急藍田駅)と藍北中央駅の間の藍田国鉄前駅でのみ停車しました。2004年5月に、快速列車は藍田中央公園駅で追加停車します。他の区間では、各駅停車します。

現在、快速列車は藍田武と五木山駅の間を10分間隔で終日運転ます。平日のラッシュ時には、藍田武と安達の間をさらに10分間隔で快速列車が追加運行しています。その結果、藍田武と藍北中央駅の間に5分間隔のサービスがあります。例外は、朝のラッシュ時の下りの方向、36本の列車が1時間のうちに下り運転ところでは、快速は通勤快速に置き換えられます。

土休日の列車混雑を緩和するために、緑地公園南口と藍北中央間のシャトル快速列車も日中は10分間隔で運行しています。

通勤快速

2009年8月から、平日朝のラッシュ時の極端混雑を緩和するために、7:30 – 8:30(麥急藍田到着)の列車数が30本から36本に増えました(「36TPH」)。線路容量の制約を克服するために、千鳥停車パターンを採用した。その時間の間に、通勤快速、通勤快速と「赤色」普通が5分毎に下り運転、各駅停車する列車はありません。

快速列車との比較では、通勤快速は藍田中央公園駅を通過して会景駅で停車し、所要時間は快速と同じです。

通勤急行

2009年8月に運転開始。平日朝のラッシュ時に、36TPH運転時、藍北中央から藍田武駅へ5分間隔に12本の運転があります。協和台、長田、内街、藍田国鉄前、ビジネスパーク、緑地公園南口駅は通過します。

普通

灰色の普通列車は各駅停車します。基本的には、20分ごとに、藍田武から森尾行き1本、康雅行き1本と安達行き2本があります。藍田武と藍北中央の間は、普通列車が約5分間隔で終日運行しています。

2009年8月から、平日朝のラッシュ時に、36TPH運転時、下り列車は新開山駅や会景駅を通過します。 その非各駅停車の普通電車は区別するために赤い色でマークされています。12本の普通列車が緑地公園南口駅で終着わり、夕ラッシュ時が始まるまで緑地車両基地に停泊します。

列車種別・停車駅の変遷

BP = ビジネスパーク駅

1996

(拡大する)

2003

(拡大する)

2009

(拡大する)

歴史

  • 1956年:藍田線 電鉄藍田駅(現在の藍田国鉄前駅)- 北藍田駅(現在の藍北中央駅)開業。
  • 1958年:藍田線 北藍田駅 - 広田駅開業。
  • 1960年:藍田線 広田駅 - 康雅駅開業。
  • 1961年:森尾線 康雅駅 - 森尾駅開業。
  • 1964年:藍田線 康雅駅 - 五木山駅開業。
  • 1991年10月:路線アップグレード工事が開始。
  • 1996年12月:
    • 路線アップグレード工事完了。
    • 藍田線 新藍田駅(現在の麥急藍田駅) - 電鉄藍田駅(現在の藍田国鉄前駅)開業。
    • 「香田新都市鉄道」(次年に「麥急電鉄」に変更)は路線の第二種鉄道事業者になりました。
    • 7000系電車運用開始、古い電気列車の引退。
    • 快速が運転開始。
    • 駅名変更:
      • 電鉄藍田 → 藍田国鉄前;
      • 北藍田 → 藍北中央。
  • 1997年7月:
    • 「香田新都市鉄道」に「麥急電鉄」に変更。
    • 駅名変更:新藍田 → 麥急藍田。
  • 2002年8月:8000系電車運用開始。
  • 2003年2月:藍田線 藍田武駅 - 麥急藍田駅開業。
  • 2004年5月:
    • 安達線開業と、藍田線の列車本数が大幅に増加。
    • 快速列車は藍田中央公園駅で停車。
  • 2009年8月:
    • 藍北中央駅5番のりば、麥急藍田駅9番のりばが運用開始。
    • 通勤快速、通勤急行と「赤色」普通列車が運転開始。
    • 朝ラッシュ時の下り列車は1時間あたり30本から36本に増えました。
  • 2016年1月:9000系電車運用開始。
  • 2016年8月:大理線開業と、藍田線の混雑率が大幅に減少。